LDLコレステロール 体を大事に

LDLコレステロールについて

LDLコレステロールについての情報

LDLコレステロールという言葉聞いたことありますか?悪玉コレステロールとも呼ばれ、血液中の濃度が高くなると、動脈硬化を引き起こす可能性がある恐ろしいものです。

 

とはいえ、それ自体が悪いものなわけではなく、無駄に増えることによって悪影響があるんです。

 

定期的な血液検査などで、自分のコレステロール値を把握しておきましょう!

 

突然コレステロール値が高くなった場合、その原因の多くは食生活によるものだそうです。
自分自身の生活習慣を見直す必要があります。進行が進む前に効率よく改善しましょう。

 

ダイエット

 

そもそもコレステロールというのは、食べ過ぎることによって増えるんですって。
血液の中のコレステロールのほとんどが、体の中で作られて、食べ物に含まれる脂質・糖質・タンパク質などが原料となっています。

 

ということは・・・結果的に暴飲暴食をするとコレステロールも上がるって訳です。
1回の食事の量が多い場合や、カロリーが過剰摂取になった場合にLDLコレステロールの製造が加速するって事なんです。

 

基本的に改善させようと思ったとき、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす
これが一番です。それを食事でコントロールする方法をお教えしたいと思います。

 

まず、悪玉(LDL)コレステロールを多く含んでいる食品は、極力摂取しないようにする!

 

そもそも摂取しないようにするのが一番ですよね。コレステロールを多く含む食品には、バターや動物性の脂身、チーズ、ベーコン、生クリームやチョコレートなどがあります。
動物性脂肪には多くの飽和脂肪酸が含まれています。これがコレステロールを増やす原因なんですよ。

 

その逆で、植物性脂肪は悪玉コレステロールを下げる効果を持っています。
不飽和脂肪酸は植物性のベニバナ油・オリーブ油などに含まれています。かといって、これも脂肪分に変わりはありませんから、摂りすぎは逆効果ですから注意してくださいね。

 

 

食事の方法で基本となるのはカロリー制限です。
食事の回数を減らしたとしても・・・1回の食事のカロリーが高い場合は全く意味がありません。逆に急速にエネルギーを摂取することになるので、悪玉コレステロールの製造が盛んになってしまいます!

 

まず、朝食はしっかりと食べること。朝を抜くことによって昼の食事から余計にエネルギーを摂取しようと体が働きます。
そして、夜食は食べないようにしましょう。睡眠中にコレステロールを蓄積してしまいます。

 

最後に、偏食はしないで、早食いやドカ食いをしないように気をつけましょう。食べすぎは肥満の元ですし、体にとっていいことはありませんからね。